ピアノ防音工事・音響設計

Piano Rehearsal Room
ピアノ 防音工事 ADO
 東京を拠点に、全国対応のピアノ防音室
株式会社音響設計ADO
 東京都世田谷区松原2-39-12
 03-6304-3217
建設業許可
東京都知事許可 第151804号
ピアノ防音工事・防音室 東京
音響設計ADOでは、防音性能・防振浮床性能はもちろん室内音響を重要視した、プロ志向のピアノ練習防音室をご提案いたします。当社は、数多くのレコーディングスタジオ、ピアノ録音ブースの設計・工事を手がけてきたスタッフが、お客様のご要望に合わせ、音響設計させていただきます。また、ピアニストが良い音楽を演奏し芸術性あふれる音楽を製作できる、住環境をも考慮した内装デザインで、あなただけのオーダーメイドのピアノ防音室をご提案いたします。
 
 
Piano Rehearsal Room  Menu ADOピアノ防音室標準タイプ
防音設計 防振設計 騒音対策 室内音響設計 ピアノ防音計画例 設計・施工実績
プロ志向のピアノ防音工事は、ADOで..... ADOで、グランドピアノ防音室を......
ピアノ防音工事・音響設計 東京
プロを目指すあなたに...........ADOでピアノ防音工事を............
ピアノ練習室においては、近年、費用などの諸条件により、防音工事を優先し、室内音響特性を軽視する傾向でした。しかし、プロのミュージシャンやプロを目指し練習する人、ピアノ教室を開業し教える人の間では、練習室の防音工事だけでなく、室内の響きや、音質を重要視し、コンサートホールや録音スタジオの音質・タッチに少しでも近ずけたいとの要望も多く、単に防音室をパターン化して作っている防音工事業者ではなく、コンサートホールや録音スタジオを多く手がけてきた音響業者に依頼されてきたユーザーの方も少なくありません。また、良い居住空間、室内内装デザインのニーズも高く、単に防音工事の知識があっても対応できない建築設計・デザインも重要性が高まっております。また、住宅では2重サッシ、断熱材の使用によりエコポイントが適用される場合もあります。

ピアノ防音工事終了後の、遮音性能測定・残響時間測定・明瞭度測定も安心サポート

ピアノ室遮音測定 音源スピーカー ピアノ室遮音性能測定 騒音計
遮音性能測定-2
ADOでは、ピアノ防音工事、完成後の遮音性能測定はもちろん、室内の残響時間まで、おこない、家具などの配置などから、吸音パネルの配置まで、室内音響も適切アドバイスいたします。また、マンションの場合は、フローリング使用時、床衝撃音性能測定も要求される場合もあります。ADOでは、軽量衝撃・重量衝撃音発生装置も自社所有のため、お客様をお待たせすることなく測定が可能です。ピアノ防音工事は、ADOへお任せください。
Piano Rehearsal Room  Menu ADOピアノ防音室標準タイプ
防音設計 防振設計 騒音対策 室内音響設計 ピアノ防音計画例 設計・施工実績
 

グランドピアノ 防音工事・音響設計ADO
ピアノの防音工事
建設業許可 東京都知事許可 第151804号
  東京都世田谷区松原2-39-12 03-6304-3217
Copyright (C) 2011 Acoustic Design Office Co.,Ltd. All Rights Reserved